三現主義とは?情報社会で重要な理由とリモート環境で実践する方法を解説

製造業など品質管理を行うモノづくりの現場を中心に「三現主義」という考え方が重視されてきました。しかし、リモートワークが普及している昨今では、従来通りの体制で三現主義を実践することが難しい状況になっています。

今回は、三現主義の概要をあらためてご紹介するとともに、三現主義が情報社会で重要な理由や、リモート環境下で三現主義を実践する方法などを解説します。この記事を参考に、現場環境にぜひ三現主義を取り入れてみてください。

三現主義とは

三現主義とは、品質管理において「現場」「現物」「現実」の3つの「現」を重視する考え方です。「現場」は現場に自身の足を運んで確認すること、「現物」は現物を自身の手に取って確認すること、「現実」は現実を自身の目で見て確認することを表しています。現場で問題が発生した際には、三現主義に基づき、現場に足を運び、現物を手に取り、どのような問題が発生しているのかを自分の目で見て確認することが重要です。

三現主義とは

現在の主流は五現主義?三現主義との違いは?

現代では三現主義だけでは不十分で、「原理」と「原則」の要素を足した五現主義が必要だという声も上がっています。「原理」とは物事が成り立つ法則やメカニズム、「原則」とは多くの場合に当てはまる決まりや規則です。

三現主義はあくまで、発生している問題を正しく把握するための考えといえます。一方、五現主義は、三現主義で把握した問題が「原理」「原則」に沿って発生したものなのかを確認し、改善に移していくという視点が加えられています。

三現主義が情報社会で重要な理由

三現主義は、情報社会の中で品質管理の現場のみならずさまざまな環境で重要な考え方となっています。なぜ三現主義が情報社会で重要なのか、理由を3つ解説します。

机上のデータのみでは現実を見失うため

情報社会では、わざわざ現場に出向かずとも瞬時に現場の情報が手に入ります。ただし、問題が発生した際に重要なのは、単純な事象だけではなく、なぜその問題が発生したのか、どういう経緯で問題が発生したのかなど、再発防止に繋がる情報です。机上のデータのみでは実際に現場で起きていることや問題の本質を見出しにくいため、適切な対応を見誤る可能性があります。

企業の成長を促進するため

経営幹部による三現主義の徹底は、現場管理職や一般職員の経営意識と技術の向上に繋がります。製造業などでは経営自体は幹部が本社で行う場合が多いですが、実際に利益を生み出すのは現場です。経営層が現場に目を向け、現場を重視して実際の経営に反映してこそ企業の成長に繋がりますし、経営幹部が積極的に現場に関与することで、現場管理職や一般職の意識変革や技術向上も促せます。

リモート環境での従業員の動きを把握するため

働き方改革や新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを導入する企業が爆発的に増加しました。しかし、リモートワークの普及により直接現場に行く機会が減ったことで、マネジメントや業務効率化、生産性向上などに課題を抱える企業が増加しています。これらの課題を解決するために、リモートワーク環境における三現主義の実施が重要になっています。

リモートワークにおける経営上の課題については以下の記事で詳しく解説していますので、併せてぜひ参考にしてください。

在宅勤務(テレワーク)マネジメントの課題とは?成功ポイントについても紹介
在宅勤務(テレワーク)マネジメントの課題とは?成功ポイントについても紹介
働き方改革や新型コロナウイルス感染拡大などの影響により、昨今では多くの企業で在宅勤務(テレワーク)が導入されています。しかし、テレワークでは従業員が働く姿を見ることができず、対面でのコミュニケーションも取りにくいため、マネジメントが難しいという課題もあります。

リモート時代において三現主義は古いのか?

リモートワークが普及している現代では、わざわざ現場に足を運び確認することが困難となっています。ただし、前述の通り、三現主義は情報社会において非常に重要な考え方です。

リモートワーク環境における三現主義のポイントは、情報を現場だけで留まらせず遠隔でも扱えるようにする手段の構築と、実際に現場で確認が必要な事項を遠隔で実現する技術やツールの導入です。三現主義は引き続き徹底するものの、徹底するための手段を技術やツールによって遠隔化することが求められています。

三現主義を実現した企業の事例

大手製造業の企業A社では、同業他社の品質不正問題発覚を受け、あらためて三現主義を徹底し現場を強くするための環境づくりを行っていくことを発表しています。

また、大手製造業の企業B社でも、基本としている三現主義を今後も徹底すると共に、リモートワーク環境において三現主義の現地現物の定義をあらためてしっかり行うことが必要だという考えを発表しています。

今後も製造業を中心に、三現主義の徹底は重要な施策になるでしょう。

Qastの導入でリモート環境下で三現主義を実践!

Qast トップページ

リモートワーク環境下において三現主義を実践するためには、現場で生まれた細かな情報を吸い上げる必要があります。この現場で生まれた情報を吸い上げる際に役立つのが、ナレッジ経営クラウド「Qast」です。

Qastはシンプルな情報共有ツールで、誰でも簡単に情報共有ができます。Qastを導入すれば、現場業務における従業員の所感や疑問などを簡単に共有できます。また、Q&A機能を活用すれば経営陣と現場のコミュニケーションも円滑化できます。従業員の投稿データやスキルなどをまとめておけば、現場と従業員の「見える化」ができ、三現主義の実現に役立つでしょう。

Qastについて詳しくはこちら

まとめ

今回は、三現主義の概要をご紹介するとともに、三現主義が情報社会で重要な理由や、リモート環境下で三現主義を実践する方法などを解説しました。

リモートワークが普及する現代においても、現場を正しく把握して課題解決に取り組む、企業の成長を促進する、従業員の動きを把握するために三現主義は重要な考え方です。ただし、三現主義を実現するためには、遠隔から現場を「見える化」を実現する技術・ツールの利用が必要な時代になっています。ツールの導入をご検討の際には、ぜひ「Qast」の導入をご検討ください。

Qastラボ編集部

Qastラボ編集部では、これからの働き方において必要な"未来のナレッジマネジメント"について研究しています。 ナレッジ共有、業務効率化、経営戦略、コミュニケーションツールなどテーマ別に役立つ記事をご紹介します。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less