トップダウン・ボトムアップとは?企業に取り入れる方法やツールを紹介

企業の意思決定スタイルには「トップダウン」と「ボトムアップ」の2つが存在します。2つの意思決定スタイルにはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらの意思決定スタイルのほうが良いかは決められませんが、重要なのは自社環境に合わせて両者のメリットを組み合わせた意思決定を行うことです。

今回は、トップダウンとボトムアップのそれぞれの概要やメリット・デメリット、自社に取り入れる際のポイントなどを解説します。本記事を参考に自社にあった意思決定スタイルを取り入れてみましょう。

トップダウン・ボトムアップとは?

トップダウンは日本語では「上意下達」、ボトムアップは「下意上達」と呼ばれます。日本語における意は「意思」、達は「伝達」と考えると良いでしょう。

トップダウンとボトムアップの違いは、立案するのが企業における「上層部」か「下層部」かにあります。トップダウンでは経営陣など上層部が意思決定を行い、現場の従業員に展開・指示を出します。一方、ボトムアップは現場の従業員に裁量・意思決定権を与え、現場から上がってきた提案を経営陣など上層部が承認するスタイルです。

トップダウン方式・ボトムアップ方式とは

トップダウンのメリット・デメリット

トップダウンは日本国内の企業では多く取り入れられている意思決定スタイルです。時にはワンマン経営と否定的に捉えられることもありますが、多くのメリットも存在しています。

メリット

トップダウンの場合は上から下に水が流れるようにスムーズに意思決定を伝達できるため、決定から実行まで素早くなります。また、組織全体に一貫性が生まれます。経営陣や上層部の経営判断能力が高ければ急速に企業を成長させることも可能でしょう。

デメリット

トップダウンにおいて重要なのは上層部と下層部の信頼関係です。信頼関係が築けていないと現場の従業員から反発を招き、上層部の意思決定が浸透しない可能性が高まります。信頼関係が構築されトップダウンがうまくいっている場合でも、上層部の人材の入れ替えが発生すればまた信頼関係を築き直す必要があります。

ボトムアップのメリット・デメリット

近年では、顧客ニーズの多様化やグローバル化に対応し、現場の声を反映しやすいボトムアップを取り入れる企業も増えています。ボトムアップにおけるメリット・デメリットも見ていきましょう。

メリット

ボトムアップは現場の声を重視するスタイルのため、従業員に主体性が生まれ現場の変化に対応しやすくなります。多様なアイディアをすくい上げることができるため、これまでの枠に捉われないイノベーションが生まれる可能性も高いでしょう。

デメリット

ボトムアップは良くも悪くも現場従業員の能力に左右されます。現場の判断が適切でない場合マイナスの施策を取り入れてしまう可能性がある、施策の一貫性を保つのが難しくなる、というデメリットがあります。また、現場からはさまざまな意見が出るため、意見をまとめるのに時間がかかり意思決定が遅くなりやすい点もデメリットとして挙げられます。

トップダウン・ボトムアップに取り組む際のポイント

上記で紹介したメリットとデメリットを踏まえつつ、トップダウン・ボトムアップを企業に取り入れる際のポイントを2つご紹介します。

現場の声を聞く

トップダウンにおいて現場の声を聞くことは非常に重要です。現場の声を反映しつつ適切な立案を行えば、トップダウンのスピード感と一貫性に加え、現場との一体感を持って業務に取り組むことができるでしょう。

挑戦しやすい企業風土を育てる

ボトムアップを取り入れるためには、現場従業員が挑戦しやすい企業風土を育て、一人一人が声を上げやすくする環境作りが求められます。従業員は、自分の声が上層部に届き施策として取り入れられることで、より主体性を持って業務に取り組むようになります。

Qastを使えば現場の声を蓄積・共有しやすくなる

Qast トップページ

トップダウンにおいてもボトムアップにおいても、重要なのは現場の声を蓄積・共有しやすい環境づくりです。その際に効果を発揮するのがナレッジ経営クラウド「Qast」です。

Qastはシンプルなユーザーインターフェースのため、誰でも情報の蓄積・共有ができます。情報を共有する際にタグを利用すれば現場の声を分類・整理しやすくなり、メンション機能やリアルタイム通知を活用すれば現場の声を拾い損ねることもなくなるでしょう。

無料で始められるデモもありますので、ぜひ一度試してみてください。

Qastについて詳しくはこちら

まとめ

今回は、トップダウン・ボトムアップのそれぞれの概要やメリット・デメリット、自社に取り入れる際のポイントなどを解説しました。

トップダウンは経営陣などの企業における上層部が意思決定を行い、現場の従業員に展開・指示を行う意思決定スタイル、ボトムアップは現場の従業員に裁量・意思決定権を与え、現場から上がってきた提案を経営陣などの企業における上層部が承認する意思決定スタイルです。

どちらのスタイルを取り入れる場合でも、挑戦しやすい企業風土を作ることはこれからの企業運営においては欠かせない要素です。ナレッジ経営クラウド「Qast」であれば、難しい操作は不要で誰でも情報を蓄積・共有でき、現場の声を有効に活用できます。あなたの会社でもぜひQastの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less