DX化の成功事例3つ紹介!推進のポイントやメリットも解説します

近年、多くの企業でDX化を推進する取り組みが広まってきました。少子高齢化による労働人口の減少やグローバル化など、昨今のさまざまな課題に対応するためには、DX化の推進が欠かせません。

今回は、DX化の成功事例と推進のポイント、メリットなどを解説します。本記事を参考に、ぜひ自社のDX化に取り組んでみてください。

改めて「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは?

経済産業省のDX推進指標では、DX(デジタルトランスフォーメーション)は「データやデジタル技術を使って、新たな価値を創出していくこと」とされています。企業においてはITツールを活用し業務を効率化することがDXだと捉えられがちです。しかし、本来のDXは、デジタル技術を取り入れることで既存のビジネス環境を成長・飛躍させ、新しい価値を生み出すことまでを含みます。

DXの推進については以下に詳しくまとめていますので、ぜひこちらもご参照ください。

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進とは?すぐに導入できるツールも紹介
DX(デジタルトランスフォーメーション)推進とは?すぐに導入できるツールも紹介
近年よく見聞きするようになった「DX」(デジタルトランスフォーメーション)が求められる背景や成功事例を知れば、一過性の流行のようなものではなく、あらゆる業界業種の企業において取り組まなければいけない課題であることがわかるはずです。ここでは、DXの推進へと具体的な一歩踏み出すために、その概要やすぐに導入できるツールの情報などをご紹介します。

DX化成功の3つの事例

では、実際にDXに取り組み成功した事例にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、ナレッジ経営クラウド「Qast」を導入してDX化に成功した3つの事例を紹介します。

社内コミュニケーションが活性化された、業務の知識の全体共有化が進んだ、ITツールの流用で時間的コストが削減された

社内コミュニケーションが活性化された

JR東日本ビルテック株式会社様は、12の支店と60の事業所に分かれて約1,600人の従業員が在籍しており、横の繋がりに壁を感じていらっしゃいました。そこで、社内コミュニケーションを改善するツールとしてQastを導入。操作性、機能がシンプルであることから従業員にスムーズに浸透し、Q&A機能等を活用して若手が質問しやすい環境の構築に成功しました。また、当初目的とした横の繋がりだけでなく縦の繋がりも強化され、社内コミュニケーション全体の活性化に繋がっています。

JR東日本ビルテック株式会社様の導入事例はこちら

社内のコミュニケーション活性化に必要なツールだと感じています
社内のコミュニケーション活性化に必要なツールだと感じています
ワーキングメンバーが感じた課題は「社内コミュニケーション」でした ー 御社の事業内容について教えてください。 当社JR東日本ビルテック株式会社は、JR東日本エリアの約1,700の駅と、約250の駅ビル・ホテル・オフィス

業務の知識の全体共有化が進んだ

複数の鍼灸院、整骨院、整体院を展開しているスマイルアンドサンキュー株式会社様では、本部と各店舗で情報が点在していることが課題として浮上。伝達すべき情報が伝わっていない状況が頻発していました。Qastの導入後は一対一の質問や情報共有が全体化され、業務情報や知識を各店舗への全体共有化ができるようになりました。結果として、どこの店舗でも患者様に最適なサービスを提供できるようになりました。

スマイルアンドサンキュー株式会社様の導入事例はこちら

インターフェイスがシンプルでわかりやすかったことが浸透した一番の理由です
インターフェイスがシンプルでわかりやすかったことが浸透した一番の理由です
御社の事業内容について教えてください。 当社スマイルアンドサンキュー株式会社では、東京23区を中心に複数の鍼灸院、整骨院、整体院を展開しております。 今までの整骨院の常識を越えた「感動の治療」を患者様に提供し、「地域で

ITツールの流用で時間的コストが削減された

総合旅行会社である株式会社日本旅行様では、シフト制の勤務体系から、知識の属人化や情報管理・共有の不足が課題になっていました。情報共有にはホワイトボードを使っていましたが、見ている人と見ていない人とで情報量に大きな差が出る原因にもなっていました。Qastを導入後は場所を選ばず情報が閲覧できるようになり、情報の即時共有、知識の全体共有が可能となりました。また、従業員が情報を探す手間も大幅に削減でき、別のコア業務に時間を割けるようになっています。

株式会社日本旅行様の導入事例はこちら

“IT素人でも簡単に使えるユーザービリティの高さ”がQastを選んだ理由です
“IT素人でも簡単に使えるユーザービリティの高さ”がQastを選んだ理由です
御社の事業内容について教えてください。 当社日本旅行は、1905年明治の創業でして、今年(2020年)で115年を迎える総合旅行会社です。 大手の旅行会社さんは事業が細分化されており、商品をつくるところであったり、地域別

事例から学ぶDX化推進のポイントとは?

DX化成功の事例を3つご紹介しましたが、ここでは事例をもとにしたコミュニケーションにおけるDX推進のポイントを解説します。

自社内の抱えている課題を見つける

DXを推進する際は、まず自社内の課題を洗い出すことが必須です。洗い出しが不十分だとDXの方向性を間違えたり効果が得られなかったりと、失敗の要因になります。コミュニケーションが盛んでない、質問がしにくいなど、自社にどんな課題があるかを洗い出すことから始めましょう。

導入するITツールは誰でも使えるものを選ぶ

導入するITツールのGUI、操作性は重要です。機能性が高く便利なツールでも、操作が複雑では従業員に浸透せず、形骸化してしまいます。ITツールを選ぶ際には、誰でも使えるシンプルなものを選ぶようにしましょう。IT関連部署などITリテラシーの高い従業員の部署などに導入する場合にはカスタマイズ性が高いツールを選ぶほうが効果的な場合もありますので、導入の前にデモを試し必要な機能を備えているかをチェックしましょう。

ITツール導入前後の効果を測る

ITツールを導入する際には、前後の効果測定を必ず実施しましょう。重要なのは、ツール導入で改善されたことだけでなく、新しい課題もしっかりと記録しておくことです。課題が解決できていないのであれば、使いやすさなどツール自体に問題があるケースもあります。効果測定をきちんと実施すればさらなる改善になり、よりDX化が進みます。

事例から分かるDX化のメリットとは?

ここでは、DX化成功の事例からわかる、コミュニケーションにおけるDX化のメリットを3つ解説していきます。

生産性の向上に繋がる

コミュニケーションのDX化が実現すると、社内外を問わずさまざまな情報の交換が容易になります。加えて、FAQの設置によって社員間のコミュニケーションにかかるコストが削減でき、これまで以上に効率良く業務に取り掛かれるようになります。

情報の共有・蓄積が容易になる

ホワイトボードや紙など物理的な媒体では共有した情報が蓄積されず、同じやりとりを何度も繰り返すことになってしまう場合がありますが、ツールを導入すれば情報の共有が容易になるとともに共有内容が蓄積されます。蓄積した情報はいつでも取り出せるため質問と回答の時間を削減でき、新入社員の育成も進みやすくなります。

従業員同士のコミュニケーションが活発になる

ツールの導入によって、所属拠点や部署の違い、出社・テレワークに影響されずに気軽にコミュニケーションを取れるようになります。所属をまたいだコラボレーションが進み、新しいアイデアが生まれやすくなるでしょう。従業員エンゲージメントを高める効果も期待できます。

従業員エンゲージメントについては以下で詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

従業員エンゲージメントについては以下で詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
エンゲージメント向上とは?得られる効果や施策などを紹介
組織の生産性やサービス品質を高めるうえで従業員エンゲージメントは重要な要素です。従業員エンゲージメントを向上させれば従業員の仕事に対するモチベーションが上がり、組織においてさまざまなメリットが得られます。今回は、従業員エンゲージメントの概要やメリット、従業員エンゲージメントを向上する施策や具体的な事例をご紹介します。

QastがあなたのDX推進をお手伝いします

Qast トップページ

今回、Qastを導入した事例を基にDX推進のポイント、メリットなどを紹介しました。コミュニケーションにおけるDX推進にはナレッジ経営クラウド「Qast」が非常におすすめです。

Qastはクラウドツールのため、社内外を問わずどこからでも情報閲覧・共有が可能。また、シンプルな操作性で誰でも簡単に活用できます。情報共有面だけではなく、優れた検索機能やQ&A機能など、情報蓄積の面でも優れたツールです。

その他にもQastにはさまざまな機能が備わっており、組織のDX化と生産性向上に役立つでしょう。まずは資料請求からQastの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ナレッジ経営クラウド「Qast」の詳細はこちら

まとめ

今回は、DX化の成功事例と推進のポイント、メリットなどを解説しました。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、ITツールなどを活用し既存のビジネス環境を成長・飛躍させ、新しい価値を生み出すことです。自社内で抱えている課題を洗い出す、導入するITツールは誰でも使いやすいものにする、ITツール導入前後で効果測定を行うことなどが、その推進と成功には欠かせません。ぜひこの記事を参考に、ツールを上手に活用したDX化を実現させてください。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less