生産性向上に向けた取り組み事例と解決できる課題を紹介

働き方改革や新型コロナウイルスの影響により、各企業において生産性向上を図る施策が取り入れられるようになってきています。しかし、生産性向上といっても具体的にどのような施策を行えば良いのか、生産性向上によってどのような課題が解決できるのかがわからないという担当者の方も多いのではないでしょうか。

今回は、生産性向上の取り組み成功事例や生産性向上で解決できる課題、生産性向上を成功させるポイントなどを紹介します。この記事を参考に、自社の生産性を向上させるための効果的な施策を取り入れましょう!

生産性とは?

公益財団法人日本生産性本部では、生産性の代表的な定義を「生産諸要素の有効利用の度合いである」としています。この生産性を式で表すと「生産性 = 産出(output) / 投入(input)」となります。

企業における生産性を考えるのであれば、産出は製品・サービスなどから生まれる利益、投入は土地や設備、物品、従業員など企業を構成している要素と捉えると良いでしょう。

生産性向上については以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

生産性向上とは?意味や取り組み方などを解説
生産性向上とは?意味や取り組み方などを解説
少子高齢化により将来の労働人口減少が見込まれる日本。多くの企業では人材の確保と共に一人あたりの生産性の向上が大きな課題となっていますが、そもそも生産性とはどのように定義されるものなのでしょうか。また、具体的にどのような施策に取り組めば良いのでしょうか。

生産性向上に成功した事例

続いて、生産性向上に成功した3つの事例をご紹介します。生産性向上を図る上でどのような成功事例があるかを知っておくことも大切です。

専門家によるアドバイスで生産性が向上

日本では古くから製造業において生産性向上の取り組みが行われ、多くの知識・経験が蓄積されています。そうした知識・経験を持つ専門家やコンサルタントが異業種の企業にアドバイスをすることで劇的に生産性が向上した事例が複数存在します。

専門家からのアドバイスを受ければ、業務内の無駄の削減、データ分析による売り上げ増加など、生産性向上についての多くの知見が得られるでしょう。

事業部間の連携で生産性が向上

企業の生産性向上において事業部間の連携は非常に重要です。事業部間の連携がうまくできていないと業務時間の大部分が社内調整に奪われ、生産性の低下を招きます。

ITツールを導入してプロジェクトや事業部間のコミュニケーション問題を解決し、連携が取りやすくなったことで生産性が向上した事例も多数存在しています。

Q&Aの整備・ナレッジ蓄積で生産性が向上

社内・社外を問わず、既存の疑問点を解決するQ&Aの整備・ナレッジの蓄積も生産性を向上させる施策の一つです。

社内においては新入社員や人事異動などで新しく業務に取り組む社員がスムーズに業務に取りかかれる環境を整えることで、引き継ぎにかかる時間を短縮できます。

また顧客に対しても、疑問点を自己解決できる環境を提供することで、問い合わせの削減やCVR向上などの生産性向上に繋げられます。

生産性を向上させることで解決できる課題とは?

ここまで生産性の意味や生産性向上に成功した事例を紹介しましたが、なぜ現代のさまざまな企業において生産性向上が重要視されているのでしょうか。その答えとなるのが「人手不足の解消」と「国際競争力の強化」です。

総務省の調査によると、日本は少子高齢化が急速に進行しており、2015年時点で7,629万人だった生産年齢人口(15歳~64歳)が2030年には6,773万人、2060年には4,418万人にまで減少すると予想されています。今後、さまざまな企業において生産年齢人口減少による人手不足が発生する可能性が高く、一人一人の生産性を高め人手不足に陥っても生産性が下がらないようにする取り組みが急務といえるでしょう。

参考:総務省 - 期待される労働市場の底上げ

また、昨今の新型コロナウイルスなどの影響によってマーケティング市場は急速にデジタル化が進んでおり、これまで以上にグローバルな環境への適応が求められています。海外の企業に負けない国際的な競争力の強化のためには、少ない投入でより付加価値の高い産出を生み出していく必要があるでしょう。

生産性の向上を成功させるには

生産性向上を成功させるためには、どのようなポイントをおさえる必要があるのでしょうか。ここではそのポイントを3つピックアップします。

生産性の向上を成功させるには

ナレッジの蓄積は部署ごとでなく会社全体で見える化

ナレッジを蓄積する際は、部署内に情報を留めるのではなく会社全体で見える化を図りましょう。

事業部間の連携による生産性向上の事例で紹介した通り、生産性向上で重要なのは、事業部間で情報共有が行われスムーズに連携がとれる環境です。会社全体を通してナレッジの蓄積を行えば、事業部をまたいだ改善提案がうまれることも期待できます。

ナレッジ共有の大切さを理解してもらうことが重要

ナレッジの共有に慣れていない社員にとってはナレッジの共有自体が負担になってしまう可能性があります。ナレッジ共有の大切さを理解せず、ただ負担が増えるだけだと感じてしまうと、適切なナレッジ共有が行われず形骸化してしまう可能性が高まります。

前述の通り、ナレッジの蓄積・共有は会社全体で行うことが重要です。各社員に対してナレッジ共有の大切さを理解してもらう取り組みを行いましょう。

インプットを減らし、アウトプットを増やす

生産性を式で表すと「生産性 = 産出(output) / 投入(input)」となり、インプットを減らす、またはアウトプットを増やすことで生産性は向上することになります。生産性向上に取り組む際にはインプット削減とアプトプット増大が混同されがちですが、それぞれ別の施策としてバランスよく取り組む必要があります。無駄な工数・業務フロー洗い出しなどでインプット削減、社員のスキルアップなどでアウトプット増大といったように、それぞれ施策を考えて取り組むと良いでしょう。

生産性向上に適したITツール

生産性向上の成功事例でITツールによる事業部間の連携やQ&A整備・ナレッジ蓄積を紹介しましたが、生産性向上に適したITツールとしておすすめしたいのが、ナレッジ経営クラウド「Qast」です。

Qastはナレッジの蓄積・共有に特化したITツールであり、蓄積したナレッジを高い検索機能によっていつでも簡単に取り出せます。Qastであれば、社内・社外を問わず疑問点がすぐに解決できる環境を整備しやすく、生産性向上に大きな効果が期待できるでしょう。

下記の記事ではQast以外にも生産性向上におすすめのITツールをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【厳選】生産性向上を実現するおすすめITツール(クラウドサービス)10選!
【厳選】生産性向上を実現するおすすめITツール(クラウドサービス)10選!
働き方改革が推進され労働時間が短くなる一方で、企業側は「生産性向上」を考えなければなりません。そんな中、昨今では業種を問わず誰でも利用できるITツールが増えてきました。今回は、生産性向上が求められる背景を考えながら、種類別におすすめのITツールをご紹介していきます!

まとめ

今回は、生産性向上の取り組み成功事例や生産性向上で解決できる課題、生産性向上を成功させるポイントなどをご紹介しました。

生産性向上に成功するためのポイントは、ナレッジの蓄積・共有の重要性を各社員が理解し会社全体で取り組みを行うこと、インプット削減・アウトプット増大のそれぞれの側面に対応した施策を取り入れることです。

ナレッジ経営クラウド「Qast」は、ナレッジの蓄積・共有に特化したITツールであり、Qastを活用すれば大きな生産性向上に期待ができます。

ぜひ資料請求からQastのさまざまな機能をチェックしてみてください。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less