ノウハウとは?類語や活用に便利なツールも紹介

「ノウハウ」という言葉は、仕事のあらゆるシーンにおいて日常的によく使われています。しかし、その言葉の本来の意味や類似語との違いについて詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか。

今回は、ノウハウの意味や類語との違い、ノウハウを管理するメリットやノウハウの管理におすすめのツールなどを紹介します。

ノウハウ(Know-how)とは?

「ノウハウ」は、英語のKnow-howに由来する言葉です。その定義について、コトバンクには以下のように記載されています。

ノウハウ

1 ある専門的な技術やその蓄積のこと。「仕事のノウハウをおぼえる」

2 技術競争の有力な手段となり得る情報・経験。また、それらを秘密にしておくこと。

引用元: コトバンク - ノウハウ

これを読むと難しいことのように感じられるかもしれませんが、一般的には「ものごとの知識やコツ」として使われることが多い言葉です。

ビジネスにおける「ノウハウ」とは?

ノウハウという言葉はビジネスにおいても利用されます。しかし、昨今のビジネスシーンにおけるノウハウという言葉は、専門的な分野や業務における技術的な知識、知的財産として捉えられることが多くなっています。

企業秘密とノウハウとは?

企業におけるノウハウの中には、企業秘密として扱われる種類のものがあります。飲食店のオリジナルレシピや商社の製品販売データなどは企業秘密に含まれるノウハウと認識しておくべきでしょう。こうしたノウハウについては、情報が外部に漏れないよう適切に管理することが必要です。

ノウハウの類語について

ノウハウと混同されやすい類語として挙げられるのが、スキルやハウツー、ナレッジといった言葉です。それぞれ本来どのような意味を持ち、ビジネスにおいてはどのように利用されているのでしょうか。

スキル(Skill)

スキル(skill)は「技能・技術」といった意味を持つ言葉です。またビジネスにおいては、訓練・熟練を必要とする専門的な技術として扱われることが多くあります。ノウハウが知識と技術を包括したものであるのに対し、スキルは技術面にフォーカスした言葉です。

ハウツー(How to)

ハウツー(how to)は「ものごとのやり方・方法」といった意味を持つ言葉です。ノウハウと似た意味合いではありますが、ハウツーは基本的な知識・手順にフォーカスした言葉です。製品の説明書など初心者向けの情報に使われることが多く、ノウハウのような専門的な知識・技術といったニュアンスは含まれません。

ナレッジ(Knowledge)

ナレッジ(knowledge)は「知識」を意味する言葉です。ビジネスにおいては、企業にとって有益な知識や情報、付加価値のある経験といった意味合いで利用されます。ナレッジをもとに実践を行い、その経験により得られた情報がノウハウになる、と認識しておきましょう。

「ナレッジ」に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

「ナレッジ」とは?ノウハウとの違いやビジネスでの活用方法について
「ナレッジ」とは?ノウハウとの違いやビジネスでの活用方法について
「ナレッジ」と「ノウハウ」。一見すると同じような意味に捉えがちですが、皆さんは正しい意味を理解していますか?社内の人材の入れ替わりが激しくなり、今後は益々ナレッジやノウハウの活用が重要視されていきます。そこで今回は、改めて「ナレッジ」と「ノウハウ」の意味を掘り下げ、社内で活用するための方法を考えていきましょう。

ビジネスシーンにおける「ノウハウ」の例文

実際のビジネスシーンにおいて、「ノウハウ」という言葉は以下のように活用されます。

  1. 「成績トップの〇〇さんに顧客獲得のノウハウを教えてもらった」
  2. 「彼が過去の経歴で得たノウハウは新規プロジェクトの立ち上げに役立ちそうだ」
  3. 「独自のノウハウで作られた〇〇機能が当社製品の強みです」

1.のケースでは、専門的なセールスの知識や技術といった意味合いで利用されています。

2.の例文も知識や技術という点では同じですが、そこに蓄積という意味合いも含まれた表現です。

3.の例文には、技術競争の有力な手段となり得る技術や経験といった意味合いが込められています。

このように、ビジネスシーンで利用される「ノウハウ」は、専門的な知識や技術に絡めた表現をしたい場合によく用いられています。

「ノウハウ」の持つ企業にとってのメリットや重要性とは?

ノウハウはただ業務をこなすだけで自然と蓄積されるものではありません。意識的に蓄積・共有をすることによって初めて活かすことができるものです。

では、ノウハウを持つことによって企業はどのようなメリットを得られるのでしょうか。

ノウハウとは?類語や活用に便利なツールも紹介

ノウハウは「ナレッジ」へ変換することでメリットが生まれる

前述の通り、ノウハウとはナレッジをもとにした実践や経験によって得られた情報のことですが、そのノウハウは、さらなる実体験を通して体系化することによって新たなナレッジへと変換することができます。

ナレッジ→ノウハウ→新たなナレッジというこのループをまわすことにより企業には資産化されたノウハウが蓄積され、他にはない技術やサービスの創出が実現します。

組織の生産性を高めるためにはノウハウの共有が重要

ノウハウが組織内で共有されると属人化が解消され、組織の知識や技術が向上します。また属人化の解消は業務の効率化に繋がり、利益の拡大や生産性向上を実現します。昨今では生産性向上が多くの企業において経営課題となっており、その課題解決のためにもナレッジを共有することは非常に重要なのです。

こうした一連の流れは「ナレッジマネジメント」と呼ばれ、生産性向上を実現するうえで欠かせない手法として注目されています。

ナレッジマネジメントについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

【保存版】ナレッジマネジメントとは?メリットや基礎理論の解説
【保存版】ナレッジマネジメントとは?メリットや基礎理論の解説
優秀な人材が不足している…これは少子高齢化が加速する日本の悩ましい課題です。2021年に発表された帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」では、正社員について「不足」していると回答した企業は37.2%で、前年同月と比較すると増加しており、人手不足を感じている企業ほど賃金のベースアップや賞与の改善を見込んでいるという結果が出ています。

従業員のノウハウを管理するなら「Qast」がおすすめ

Qast トップページ

ここまで、ノウハウを持つメリットやノウハウをナレッジに変換する重要性を解説しましたが、従業員のノウハウを適切に管理するなら、ナレッジ経営クラウド「Qast」の導入がおすすめです。

Qastは、シンプルな操作性で誰でも簡単にノウハウを投稿・共有することができます。メンション機能を活用すれば特定の担当者内でノウハウを共有することも可能です。検索機能も優れているため、蓄積されたノウハウをスムーズに抽出し、体系的なナレッジに変換することができます。

また、企業秘密として扱うノウハウの管理についてもQastは有効です。データセンターは高い信頼性を持つAWSを利用し、すべての通信・情報を暗号化しています。24時間365日不正アクセスを監視していますので、いつでも安心してノウハウを保存できます。

「ノウハウの管理とナレッジマネジメントによって生産性向上を実現したい」――そんなお考えをお持ちであれば、ぜひQastの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。まずは資料請求でQastの各機能や導入事例をチェックしてください。

Qastについて詳しくはこちら。

まとめ

今回は、ノウハウの意味や類語との違い、ノウハウを管理するメリットやおすすめのツールなどをご紹介しました。

ノウハウは「ものごとの知識やコツ」という意味であり、ビジネスでは「専門的な知識・技術やその蓄積、技術競争において有利に働く技術・経験」として多く利用されています。また、ノウハウを蓄積・共有し従業員が活用することで、新たに体系化されたナレッジに変換することができます。このナレッジが企業における属人化を防ぎ、業務効率化、生産性向上に繋がります。

つまり、ノウハウの管理は企業がこれからの時代を生き抜くために欠かせないものです。ぜひあなたの組織でも、Qastのようなツールの活用によるノウハウの適切な管理を実現してください。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less