ハイブリッドワークとは?従業員が働きやすくなる制度を解説

働き方改革や新型コロナウイルスによって急速に普及しているテレワークですが、すべての業務にテレワークで対応できるわけではありません。その問題を解決しようと考えられたのが「ハイブリッドワーク」と呼ばれる新しい働き方です。

今回は、ハイブリッドワークの概要、メリットやデメリット、ハイブリッドワークを導入する際のポイントなどを解説します。

新しい働き方「ハイブリッドワーク」とは?

ハイブリッドワークとは、出社して業務にあたるオフィスワークと在宅で仕事をこなすテレワークを併用する働き方です。

テレワークは柔軟な働き方を可能にし、ワークライフバランスやコスト削減の面でもメリットがあります。しかし、すべての業務でテレワークが可能なわけではなく、オフィスワークのほうが効率的な業務も多数存在します。

そこで、オフィスワークとテレワークを併用し、より柔軟かつ効率的に業務を遂行するハイブリッドワークという働き方が注目を集めるようになりました。

ハイブリッドワークとは

ハイブリッドワークのメリット

ハイブリッドワークには主に以下の3つのメリットがあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

ワークライフバランスの実現に繋がる

ハイブリッドワークでは、従業員の家庭事情や体調、考え方によって柔軟に働き方を選ぶことができます。オフィスワークとテレワークをうまく使い分けることで多様な働き方に対応できるため、良好なワークライフバランスの実現に繋がります。

生産性が向上する

ハイブリッドワークでは、細かい指示を聞いたり伝えたりする必要がある業務はオフィスワーク、単純作業は集中しやすいテレワークといったように、業務にあわせて効率的な働き方を選択できます。業務を効率的に進められるため生産性が向上し、業績アップにも繋がりやすくなります。

企業への満足度が向上する

ハイブリッドワークという働き方が整えられていることで、従業員は自身にとってベストな働き方ができるようになります。結果として企業や組織に対する満足度が向上し、優秀な人材が離職するリスクも抑えられます。

ハイブリッドワークのデメリット

ハイブリッドワークは柔軟でメリットの多い働き方ではありますが、デメリットがあるのも事実です。ハイブリッドワーク導入の際にはデメリットもよく理解しておきましょう。

勤怠管理方法を変える必要がある

ハイブリッドワークを導入すると、従業員や業務によってオフィスワークとテレワークの2つを管理する必要があるため、従来の勤怠管理方法では対応しきれない場合が多くなります。勤怠の入力ルールや残業の申請など、これまでとは違った勤怠管理方法を検討する必要があるでしょう。

評価方法を変える必要がある

テレワーク環境では、従業員が働いている姿が目に見えないぶん適切な評価が難しいという課題があります。テレワークにおいても適切な評価ができるよう、評価方法の見直しが必要になるでしょう。公平感のある評価ができていないと従業員の不満が高まり、ハイブリッドワークを導入しても離職率が下がらない可能性があります。

ハイブリッドワーク導入のポイント

では、これらのデメリットを踏まえながらハイブリッドワークを活用するためにはどのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。

勤怠や評価方法を見直す

オフィスワークとテレワークのどちらにも対応できる勤怠管理、評価方法の見直しを行いましょう。勤怠は社外からでもアクセスできる管理ツールを活用する、成果を基にした評価基準を策定するなど、テレワーク環境でもわかりやすい制度を整えることが重要です。

コミュニケーションツールを導入する

ハイブリッドワークでは従業員がオフィスワークとテレワークに分かれるためコミュニケーションが取りづらく、関係性が希薄になりがちです。Web会議ツールやビジネスチャットツール、ナレッジ共有ツールといったコミュニケーションツールを導入し、従業員同士の連携が取りやすい環境を整えるようにしましょう。

ハイブリッドワークを始めるならQastがオススメ

Qast トップページ

ハイブリッドワークでは、円滑な情報共有やコミュニケーションを実現できる環境をいかに整えるかが重要になります。その環境を整える際に活用するツールとしておすすめなのが、ナレッジ経営クラウド「Qast」です。

QastはUIや機能がシンプルなナレッジ共有ツールのため、リテラシーを問わず誰でも簡単に利用が可能です。クラウドツールのため社内外を問わずアクセスでき、従業員同士の情報共有やコミュニケーションが活発化します。共有された情報はフォルダ分け・タグ付け機能などで整理して蓄積でき、優れた検索機能でいつでも情報を取り出すことができます。

ハイブリッドワークを導入する際には、ぜひQastの導入もあわせて検討してみてください。

ナレッジ経営クラウド「Qast」の詳細はこちら

まとめ

今回は、ハイブリッドワークの概要やメリット・デメリット、ハイブリッドワークを導入する際のポイントを解説しました。

ハイブリッドワークとは、出社して行うオフィスワークと在宅で行うテレワークを併用する働き方です。良好なワークライフバランスの実現、生産性向上、企業に対する従業員の満足度向上といったメリットがある一方、ハイブリッドワークにあわせた勤怠管理、評価方法を整える必要があります。

これからの時代、企業には、さまざまな働き方や価値観に対応できる体制を整えておくことが求められます。ハイブリッドワークもまさにその取り組みの一つとなるものです。効果を最大限に発揮できる体制をしっかり整えつつ、社内環境整備の際にはぜひ「Qast」のようなツールを活用し、効率的なハイブリッドワークの浸透を目指しましょう。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less