企業文化を変革する必要性とは?取り組み方や便利なツールを紹介

企業文化とは、企業の永年の事業活動の中で積み上げられた価値観や行動の特徴のことです。競合他社との競争や企業戦略にも大きな影響を及ぼす重要なものです。

働き方改革やDX化の推進などこれまでの価値観とは異なる新しい取り組みが企業に求められるなか、また「VUCA」と呼ばれる先行きが読めない時代を生き抜く力が求められるなか、企業文化にも時代の変化に合わせた改革が求められています。

今回は、企業文化を時代に合わせて変革する必要性や取り組み方、おすすめのツールをご紹介します。本記事を参考に、時代に合わせた企業文化への変革に取り組みましょう。

なぜ企業文化の変革が必要なのか

働き方改革やDXの推進などによって、多くの企業で生産性向上・効率化がより求められるようになっています。技術が急速に進歩しているVUCA時代においては、古い文化から適応していくための変革が必要です。これまで当たり前だった文化でも、より生産的・効率的にできないかを常に考え、変化していくことが求められる時代といえるでしょう。

働き方改革やDXを実現させるには?事例やおすすめITツールも紹介
働き方改革やDXを実現させるには?事例やおすすめITツールも紹介
中小企業から大企業まで、日本の企業全体で対応が迫られる「働き方改革」。あなたの企業では、どんな取組みをされていますか? 残業時間の短縮や、労働条件の見直しなど、さまざまな角度から取組みを行う必要がありますが、ルールだけを変えても社内では混乱を招くばかりです。今回は、働き方改革に伴い、ITを活用して業務効率化を推進するおすすめのツールをご紹介していきます。生産性を下げずに、働き方改革を実現する方法を考えていきましょう。

そもそも企業文化とは

そもそも企業文化とは、企業ごとに存在する独自の価値観や行動の傾向などを指します。経営者の理念や創業時からの歴史に実績などが定着していくことで醸成され、従業員は共通認識を持って行動することができるようになります。一朝一夕で変えられるものではないため、変革は戦略的に取り組む必要があります。

企業文化を変革させる方法

既に根付いている企業文化を変革させるためには、戦略的に下準備を行い、少しずつ変化の足取りを進めていく必要があります。ここでは企業文化を変革させる方法を3つご紹介します。

企業文化を変革する3つの手順

変革の必要性や施策を組織全体に周知する

企業文化の変革を行うには、組織を構成する従業員の理解が不可欠です。なぜ変革が必要で具体的にどんな方法で変革していくのかを従業員が理解できなければ変革は進みません。変革に取り組む際には変革の必要性や施策を組織全体に周知し、根気強く理解を求めていきましょう。

リーダーが率先して取り組む

これまでの慣習を一気に変えるというのはそう簡単なことではありません。変革の必要性を理解し、どう行動すべきかが明確になったとしても、誰も行動しなければ浸透はしません。まずは経営陣やリーダークラスの従業員が率先して変革に取り組み、他の従業員のロールモデルとなりましょう。結果が出れば従業員も変革に取り組みやすくなります。

ITツールを導入する

社内SNSやWeb会議ツールといったコミュニケーションツールや、業務の進捗を可視化させるプロジェクト・タスク管理ツール、電子署名ツールなどのITツールの導入は効果的です。情報共有などがしやすくなり、変革の大きな手助けとなるでしょう。

企業文化を変革させる際の注意点

企業文化の変革は企業全体で行うため、問題が発生することも多々あります。ここでは実際に起こりうる問題と防止策を3つご紹介します。

変革についての現場・従業員の意見を聞く

変革によって最も影響を受けるのは現場の従業員です。現場の声を無視していては、適切な企業文化の変革は成し得ないでしょう。従業員の意見を汲み取りながら進めていく必要があります。時には現場の声に沿って施策を変えることも重要です。

急な変更は従業員の反発・離職に繋がる場合もある

これまで根付いていた文化を急に変えようとすると従業員に不安やストレスが加わり、反発や離職に繋がる危険性があります。従業員の反発や離職を防ぐためには、根気強く変革の必要性について周知していくことが重要です。

事業内容に合う変革でないと定着しない

事業内容に合った変革でなければ定着は難しく、計画がとん挫してしまう可能性が高まります。たとえば「報・連・相」が非常に重要なインフラ事業においてオペレーターが個々に決定権を持ち業務を遂行する文化にしようとしても、トラブルの元になるだけですぐにその施策は取り消しになってしまうでしょう。

Qastが企業文化の変革を助けます

Qast トップページ

前述の通り、企業文化の変革にはITツールの導入が効果的です。

ナレッジ経営クラウド「Qast」は汎用性が高く、コミュニケーションやタスク管理、ナレッジの蓄積などさまざまな用途に活用できます。シンプルな操作性でタグ付けやフォルダ分けができ、検索性能も高いため、必要な情報をすぐに取り出すことができます。変革の必要性や施策の周知やリーダーの率先的な取り組みの可視化にも有効でしょう。

まずは資料請求から「Qast」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Qastについて詳しくはこちら

まとめ

今回は、企業文化を変革する必要性や取り組み方、取り組む際におすすめのツールを紹介しました。

企業文化を変革する際には、変革の必要性や施策を組織全体に周知し、リーダーが率先して取り組んでロールモデルとなるようにしましょう。また、ITツールを導入し既存業務の様式を変更することも有効です。

しかし、変革の周知が不十分で現場の声を汲み取れていないと、従業員の反発や離職に繋がる危険性があります。また、事業内容に合った変革でなければ定着は難しくなります。企業文化の変革を行う際には、変革の必要性と施策を繰り返し周知し、リーダーの率先的な取り組みを可視化させながら現場の声を汲み取る必要があるのです。

その点、ナレッジ経営クラウド「Qast」であれば、情報共有・ナレッジ蓄積ができるとともに、コミュニケーションツールやタスク管理ツール、ナレッジ管理ツールなどとしても利用できるため、既存業務の効率化にも適しています。

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less