特定のユーザー宛に質問できるメンション機能をリリース

機能紹介

【新機能情報】

この度、Qastでは質問・回答投稿時にユーザーを指定して投稿ができるメンション機能をリリース致しました。
 
 

【メリット】

これまでのQastは、質問に対して誰もが回答できるような仕様でした。
一方で質問者側は、「この質問はおそらくあの人が詳しい」、「この質問は少なくともあの人には回答してほしい」という質問もあったかと思われます。
今回の新機能をお使いいただく事で、特定のユーザーに向けて質問ができるため、「特に回答してほしい人」を指定して質問する事が可能です。
メンションが付いた人には通知が届きますので、質問を見逃す事はありません。
 
 

【使い方】

質問または回答入力欄に @ユーザー名 を入れていただくと、メンション機能としてお使いいただけます。ユーザー名は@を入力してスクロールで選択していただくか、@の後にユーザー名を入力して選択すると、宛先の色が変わります。色が変わると、メンション機能として投稿されます。

※@は半角のアットマークをお使いください。

選択すると、



 
 

【通知項目の変更】

本機能の追加に伴い、メール・Slack・チャットワークに送る事ができる通知のタイミングを追加・一部変更致しました。
これまでの通知タイミングに加えて、
・あなた宛に質問・回答が投稿された時
・新着回答が投稿された時
・回答が更新された時

が追加されました。
したがって、現在通知できるタイミングは下記の6つです。

①新着の質問が投稿された時
②新着の回答が投稿された時 ※new
③回答が更新された時 ※new
④質問・回答の宛先に自分が含まれている時 ※new
⑤「自分の質問」に回答が投稿された時
⑥「知りたい」質問に回答が投稿された時

オススメの通知設定
Slackへの通知設定で、通知先を全員が閲覧できるチャンネルに設定している場合、①〜③のみをONに、
Slack、チャットワーク、メールで個別に通知を受け取る場合は、③〜⑥をONにされる事をオススメ致します。

 
 
 
以上です。
本機能についてご質問のある方は、下記メールアドレス宛にご連絡くださいませ。

support@qast.jp

関連記事一覧