SlackとQastを連携させた便利な利用法とは

テレワークが進む中、IT企業を中心にSlackを導入している企業が増えています。

また、テレワークでも知識が属人化しないよう、SlackとQastを連携させて情報共有とナレッジマネジメントを実施している企業も増えています。 しかし、「SlackとQastを導入したが、投稿が増えない」「結局誰も見てくれずに、ツールが形骸化している」などの課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな課題を解決すべく、SlackとQast連携による効率的なナレッジの蓄積をご紹介していきます。

そもそも、連携したけどSlackからQastへの投稿方法が分からない、や連携方法が分からない方にも詳しく解説しますので、是非ご一読ください。

Qastとは

https://qast.jp/

Qastとは、一言で言うと“社内の知恵袋”。 Q&Aとメモで社内の属人化を防ぐナレッジ経営クラウドです。

誰でも簡単に社内のナレッジを共有できて、いつでも検索ができるようになります。

SlackやTeams等のビジネスチャットツールがフロー型の情報共有ツールだとすると、Qastはストック型のナレッジ共有ツールです。

例えばこのような課題をお持ちの方は、特にQastをおすすめします!

こんな方におすすめ

  • 何度も同じ質問に回答する時間を省きたい
  • 社内情報を探す時間を短縮したい
  • 誰でも簡単にナレッジを蓄積出来るツールが欲しい
  • チャットツール上で情報を検索するのが困難

あわせて、Qastのおすすめポイントもご紹介します。

Qastおすすめポイント

  • スコアでナレッジ共有での貢献を可視化
  • とにかくシンプルで使いやすい
  • WordやPDF、Excelで情報を管理されている方(Qastはファイル内の文字列も検索対象)
  • チャットツールから投稿できる手軽さ
  • メールアドレスを持たない社員もIDログインで対応可能

SlackとQast連携メリット

SlackとQastを連携する大きなメリットは何と言っても、絵文字1つでQastにストックできる手軽さにあります。

日頃、Slackでコミュニケーションを取っていて、Slackだけでナレッジを管理しようとすると、どうしても検索し辛かったり、重要な会話が流れてしまうことが多々あります。

後述する絵文字でQastに投稿する機能を利用すれば、わずか2ステップでQastに蓄積することができますし、一からQastに投稿する必要もなくなります。 Slackはフロー、Qastはストックと棲み分けて活用するのがポイントです。

もう一つはQastに投稿した内容をSlackに通知する機能です。 通知機能を利用すれば、ストックした情報が必ずSlackに届くので、せっかくQastに蓄積した重要なナレッジが気づかれない・見られないといった事態を防止できます。

SlackとQastを連携することで得られるメリットは大きいので、是非連携をお試しください。

SlackとQast連携方法

SlackとQastを連携するメリットを簡単にご紹介したところで、SlackとQastを連携する方法をご説明します。

①管理者の設定 まずはQastの管理者権限のある方が「Qastログイン/通知/アプリ連携」から、下記の連携を行う必要があります。 連携するSlackのワークスペースを選択し、「許可する」と、管理者の設定は完了です。

②利用ユーザーの設定 Slackのリアクションボタンから投稿できるようにするには、「Qastログイン/通知/Slack通知」からQastとSlackを連携する必要があります。

※管理者/リーダー/メンバーのいずれかの権限がある方は連携可能です。 連携するSlackのワークスペースを選択し、「インストール」すると、設定は完了です。 Slackのリアクションボタンから投稿できるようになります。 【Qast連携で利用できるリアクションボタン(絵文字)一覧】

・質問:question:

・回答:a:

・メモ:memo:

・コメント:left_speech_bubble:

以上の設定でSlackからQastにナレッジの蓄積をする準備が完了します。 最初の連携ハードルを越えれば後はSlackからの絵文字ボタンを押してナレッジを蓄積するだけです。

連携についてご不明点やご質問がありましたら、Qastの右下にあるチャットアイコンから気軽に連絡ができます。

※実際に絵文字1つでSlackからQastに投稿する方法については、以下のリンクにて詳しく解説しています。

気になる方は是非、ご覧になってください。 https://qast.jp/archives/1126

SlackとQast連携による効率的な利用法

「SlackからQastにナレッジを誰も蓄積してくれない」や「SlackとQastの棲み分けが分からない」といった課題解決のお手伝いをすべく、SlackとQast連携による効率的な利用法をご紹介します。

1.まずはひたすら蓄積 まずは日頃コミュニケーション目的で利用しているSlackにて、重要と感じた投稿をその都度、Slackの絵文字投稿でとにかく投稿しましょう。 ナレッジは書くのではなく、書いたものがナレッジになるのです。

最初は少ないナレッジでも、日頃からQastに蓄積をすることで検索すれば何でも出てくる、社内の百科事典になり得ます。

2.蓄積された情報をQastで検索 Slackから蓄積された情報をQast内で検索しましょう。 Qastは検索精度が非常に高く、Slackで情報を検索するよりも簡単で素早く、細かい粒度で検索することができます。

フォルダやタグで投稿を種別することも可能ですので、欲しい情報に素早くアクセスできます。 Slackで情報を検索するのもいいですが、欲しい情報がどのチャネルにあるのか、誰が投稿したのかであったり、検索精度の問題で情報を探す時間がどうしても多くなりがちです。

Qastでは上述のような機能を兼ね備えていることもあり、情報を探す時間を大幅に短縮できることが証明されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 SlackとQast連携による効率的な利用法について、お話しました。

テレワークが進む中で利用するシーンが増えている、非常に便利なチャットツールのSlackですが、情報をストック・検索することに課題が残ります。 そこでSlackとQastを連携して、Qastに情報をストックしていくことで、いつでも必要な情報を検索できますし、情報を探す無駄な時間を削減して生産性を向上できます。

連携はしてみたものの効率的な使い方についてお悩みの方は是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使える
ナレッジ経営クラウド

誰でもかんたん、シンプルに使えるナレッジ経営クラウド
expand_less